村上 隆

村上 隆(むらかみ たかし、Takashi Murakami、昭和37年(1962)2月1日~)
東京都板橋区出身。現代美術家で日本におけるポップアートの代表者。

1986年、東京芸術大学美術学部日本画科卒業。
1988年、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。
1991年、個展「TAKASHI,TAMIYA」で現代美術アーチストとしてデビュー。
1993年、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。

1994年、ニューヨークにロックフェラー財団の奨学金で留学。制作活動に専念。
N.Y.スタジオを設立し、フリーペーパーの表紙で作品を次々と発表する。
2001年、アメリカロサンゼルスで、展覧会『SUPER FLAT』展が開催され全米で話題となる。
2003年春、ニューヨークのオークション会社・サザビーズにて
等身大フィギュア『Miss Ko2』が50万ドル(約5,800万円)で落札され、話題となった。
これは当時の日本現代美術作品の最高額である。
同年、ルイ・ヴィトンの依頼で鞄をデザインする。
2005年、ニューヨークで個展「リトルボーイ展」を開催。 (最優秀テーマ展覧会賞)
2007年、アメリカ・ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で、
大規模な展覧会「村上隆回顧展(C)MURAKAMI」が催される。

松本竣介

松本竣介(まつもと しゅんすけ、1912年(大正元)~1948年(昭和23))
東京都出身。太平洋洋画研究所卒

出身は東京だが、幼少期は岩手県にて過ごす。
13歳の頃、聴力に障害を持ち難聴となり、そのことがきっかけで画家になることを決意。
上京後、太平洋洋画研究所に学ぶ。
その後は二科展に出品、前衛的な作品を展開し、二科会の前衛的グループ九室会に入会。

太平洋戦争中は、作品に制限がされ、戦争絵画に類した作品しか制作が許されなかったため、
靉光らと共に新人画会を結成。
戦後からは自由美術家協会展に出品するが、36歳と言う若さで没した。

独自の前衛画風を確立しており、青系と茶色系の背景に黒と白の線で描かれた
風景や人物が、背景の色に縛られることなく存在し、この不規則な描法は松本独自のものであり
具象と象徴が混在した画風とも言える。
1940年に制作された代表作品「都会」では、後の戦争時代への傾斜・不安・悲愴さが
よく表現されている。

サインは「matumoto.s.」など

森本 草介

森本 草介(もりもと そうすけ、昭和12年(1937)8月14日~)
画家・森本仁平の長男として朝鮮全羅北道に生まれる。

1957年、阿佐ヶ谷美術研究所に通う。
1958年、東京芸術大学油絵科入学。
1961年、安宅賞受賞。
1962年、東京芸術大学卒業、専攻科に進む。
1963年、同科を修了し、芸大助手となる。国画会第37回展(東京美術館)に「聚」初出品、初入選。
1966年、国画賞受賞、助手を辞める。
1969年、十騎会の結成に加わる。
1995年、森本草介画集が刊行される。

棟方志功

(むなかた しこう、明治36年(1903)9月5日~昭和50年(1975)9月13日 72才没)
青森県青森市の刀鍛冶職人の三男として生まれる。
彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

1928年、平塚運一を訪れ、版画を学び始める。
第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版画が入選、
第9回帝展に帝展に「雑園」(油彩画)を出品、初入選。
この頃から版画へと興味を移し、本格的な木版画制作を始めた。

1931年、油絵と版画による最初の個展を開催。
1932年、日本版画協会会員となる。
1937年、国画会同人となる。版画に宗教的境地が現れてくる。
1956年、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に『湧然する女者達々』などを出品。
日本人として版画部門で初の国際版画大賞を受賞。
1969年、青森市から名誉市民賞。翌年には文化勲章を受章する。従三位。
1971年、日展常任理事となる。青森市に棟方志功記念館開館。
1975年、東京にて永眠。
青森市の三内霊園にゴッホの墓を模して作られた“静眠碑”と名付けられた墓がある。

富山県南砺市に棟方志功記念館愛染苑、青森県青森市に棟方志功記念館がある。

宮永 岳彦

宮永 岳彦(みやなが たけひこ、大正8年(1919)2月20日~昭和62年(1987)4月19日 68才没)
静岡県磐田郡(現・磐田市)生まれ。
油絵をはじめ、小田急電鉄や全日本空輸のポスター、童画、週刊漫画TIMESなどの表紙画、挿絵、水墨画などの作品を残した。

1931年、名古屋市立工芸学校に入学。
1936年、松坂屋百貨店名古屋本店入社。
1942年、第29回二科展「いもん」で初入選。
1946年、復員。松坂屋百貨店銀座店宣伝部に勤務。
1947年、二紀会創立展に出品。
1972年、二紀会理事に就任。
1974年、「皇太子・同妃両殿下御肖像画」制作。秦野市功労者表彰を受賞。
1978年、「平和憲法公布記念式典図」制作
1979年、第1回東郷青児美術館大賞受賞。

日本芸術院賞受賞、紺綬褒章受章、勲三等瑞宝章受章。

三岸節子

(みぎし せつこ、明治38年(1905)1月3日~平成11年(1999)4月18日 94才没)
愛知県尾西市の富裕な地主の四女として生まれる。夫は三岸好太郎。

岡田三郎助に師事。
1924年、三岸好太郎と結婚。
1936年、長谷川春子ら女性画家7人で七彩会を結成。
1946年、女流画家協会を創立。
1968年からは南仏に居を移して、作品の制作をする。1991年に帰国。

代表作に『くちなし』『飛ぶ鳥』等。

文化功労者。尾西市の名誉市民。
1998年、三岸節子記念美術館を開館する。

鑑定人・鑑定機関

日動画廊内各鑑定委員会
〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-16
Tel:03-3571-2553
https://www.nichido-garo.co.jp/appraisal.html

森田茂

(もりた しげる、明治40年(1907)3月30日~)
茨城県真壁郡下館町(現在の筑西市)生まれ、東京都在住。

1925年、茨城県師範学校本科第2部(現在の茨城大学)を卒業。
真壁郡大田尋常高等小学校(現在の筑西市立大田小学校)の教員となり、
子供たちに絵画を教える。
1926年、第3回白牙会展に『静物』が入選。
1928年、大田尋常高等小学校を退職。画家を志し上京する。
1931年、同じ茨城県出身の熊岡美彦が開設した熊岡洋画研究所に入所。
1934年、第15回帝国美術院展覧会に初入選。
1966年、第9回新日展で文部大臣賞受賞。

日本芸術院賞受賞、文化功労者、文化勲章受章、勲三等瑞宝章。

東光会会長、日展顧問、日本芸術院会員、下館市名誉市民、茨城県名誉県民。

鑑定人・鑑定機関

日本洋画商協同組合鑑定登録委員会
〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル6階
TEL:03-3571-3402
http://www.yokyo.or.jp/jada/judge.html

向井潤吉

向井潤吉 (むかいじゅんきち、明治34年(1901)11月30日~平成7年(1995)11月14日 93才没)
京都市に生まれる。

1916年、関西美術院で人物のデッサン、油彩画の基礎を学ぶ。
1927年、渡欧。パリのグラン・ショーミエールに学ぶ。
1928年、サロン・ドートンヌに出品。
1930年、帰国。第17回二科会展に滞欧作を特別出品し樗牛賞を受賞。
1937年、陸軍報道班員として、戦争記録画の制作に従事する。
1945年、行動美術協会を創立。ライフワークとなる民家シリーズの制作が始まる。
1974年、画業60年記念、向井潤吉環流展を開催。
1982年、世田谷区名誉区民となる。
1993年、向井潤吉アトリエ館開館。

三岸好太郎

(みぎし こうたろう、明治36年(1903)4月18日~昭和9年(1934)7月1日 31才没)
北海道札幌市出身。

1923年、第1回春陽展に『レモンを持つ少女』が入選。
1924年、第2回春陽展に『兄及び彼の長女』などを出品、春陽会賞を主席で受賞。
同年、吉田節子と結婚。

初めアンリ・ルソー風の素朴な画風から出発し、エキゾティックでロマンティシズム溢れる画風に転じた。

1930年、福沢一郎らと独立美術協会の結成に参加。
独立展で『面の男』など道化をモチーフにした作品を数多く発表。
1934年、連作「蝶と貝殻」シリーズを発表する。
1967年、北海道立美術館(現、北海道立三岸好太郎美術館)開館。

森田恒友

森田恒友 (もりたつねとも、明治14年(1881)4月9日~昭和8年(1933)4月8日 52才没)
埼玉県幡羅郡久保島村(熊谷市)に生まれる。

1901年、画家を志して上京し、 小山正太郎の不同舎に入る。また、中村不折に師事する。
1902年、東京美術学校西洋画選科に入学、青木繁の強い影響を受ける。
同校を首席で卒業後、文展に初入選。
同年山本鼎・石井柏亭らと雑誌『方寸』を創刊、挿絵画家としても活躍。
1914年、渡仏してセザンヌの故郷のエックス・ヴァン・プロヴァンスに滞在し、
セザンヌの画風に強い感銘を受ける。
1922年、小杉放菴、倉田白羊、梅原龍三郎らとともに春陽会創設に参加。
1929年、帝国美術学校洋画科主任教授。

院展時代から日本画的傾向を示し、田園水郷風景画に独自の静かで謙虚な水墨画を描きました。