南宋時代 吉州窯 天目釉茶入
永楽善五郎(即全)作 仁清写 朝の梅茶碗 共箱 鵬雲斎箱書