黄檗山万福寺二代 木庵禅師 一行書「赤心遭白眼」

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥388,000 税込
商品コード: s-1296
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 木庵性?
(もくあんしょうとう、万暦39年(1611年)- 貞享元年(1684年))
江戸時代前期に中国の明から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。俗姓は呉氏。福建省泉州府晋江県の出身。
隠元に招かれ、長崎福済寺住持となり、のち宇治黄檗山万福寺第二代住持、江戸紫雲山瑞聖寺開山となる。
黄檗三筆の一人。勅諡号は慧明国師。
寸法 本紙:横26.5cm 縦124cm
総丈:横38.5cm 縦205cm
付属品
店主より一言 表具は時代裂で一文字・葵紋金襴、中回し・牡丹蔓金襴、上下シケ、象牙軸先で良い表具です。
箱書きが付いておりますが不明です。

すべての商品はこちら

ページトップへ