銀象嵌火箸 寒雉作 明珍政幸箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥68,000 税込

商品コード: c-3463
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 宮崎寒雉
初代宮﨑寒雉から350年続く現在までその名は受け継がれ、現在14代まで茶道釜師として制作を続けている
寸法 全長:27.3cm 重量:59g
付属品 明珍政幸箱書
商品説明 宮崎寒雉(江戸時代)の作と明治32年の明珍政幸箱書で極めております。
火箸は袋状で真ん中より下が丸、上は四本の銀線が上まで入りその中に唐草象嵌が施されております。
上部は瓢箪が透かしで入り脇に銀象嵌で葉から延びる蔓が巻き付いたデザインです。
1本の頭部の蔓が少し変形しておりますが全体的に良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ