矢筈釜 長野烈(作) 和銑(わずく)造 共箱 炉用

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥388,000 税込

商品コード: c-3337
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 長野 烈
(ながのいさお)1945年生
1972年日本伝統工芸展に初出品。以後、同展を中心に日本金工展、伝統工芸新作展などで作品を発表。
78年日本金工展にて文化庁長官賞を受賞。
また、個展を銀座和光、壷中居、三越、ホテルニューオータニなど有名ギャラリー・百貨店などで度々開催。
寸法 口径:16.3cm 胴径:25cm
耳から耳までの幅:27.5cm
高さ:16.5cm
付属品 共箱
商品説明 初代長野垤志に師事。和銑(わずく)で製作する数少ない作家の一人です。
挽き肌の中に打ち膚を配し、口を矢筈の形にした炉用の釜です。矢は魔除けの意味もございます。
鐶付きは「のし」でその下に「烈」と銘が入っております。蓋も本人の作です。殆ど使用してなく良い状態です。
和鉄の釜は使用さえ良ければ数百年ご使用できお湯に嫌な味が移らなく美味しく頂けます。
箱は一枚板の板目の素晴らしい山中製の箱です。
発表価格は炉釜で90万から120万です。

すべての商品はこちら

ページトップへ