水上勉 直筆原稿 写真付 特上額装入り

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: s-1486
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 水上勉
1919年(大正8年)- 2004年(平成16年))
説家。少年時代徒弟に出された京都の寺を脱走,店員,行商人,集金人などを転々としながら立命館大学国文科に学ぶが中退。のち宇野浩二に師事する。
『フライパンの歌』 (1948) で注目されたが,生活に追われ約 10年の空白をおいたのち『霧と影』 (1959) で文壇に復帰,『海の牙』 (1960) によって推理小説の新人として登場。その後『雁の寺』 (1961) で直木賞を受け,『越後つついし親不知』 (1962) ,『五番町夕霧楼』 (1962) ,『越前竹人形』 (1963) ,『飢餓海峡』 (1963) ,『宇野浩二伝』 (1971) ,『一休』 (1975) ,『寺泊』 (1977) ,『良寛』 (1984) などを発表。 1986年日本芸術院会員。 1998年文化功労者。
寸法 原稿 42,8×30,5
額 70×42 厚さ3
付属品 額 黄袋 タトウ
店主より一言 原稿用紙は専用の水上勉原稿用紙です。
額は上等の誂た木地額で良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ