唐銅獅子咬み眉風炉 筑前芦屋(本芦屋) 天正初頭 長野垤志箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥880,000 税込

商品コード: c-2500
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 筑前芦屋(本芦屋) 天正初頭
寸法 風炉:口径:24,2 胴径:32.5 高さ:20.3
五徳:径:20.8 高さ:9.3
付属品 五徳 箱2
長野垤志箱書
長野垤志
(ながの てつし、1900年(明治33)~1977(昭和52))
愛知県出身。国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定。
最初は画家を志して1917年に上京、しかし関東大震災を機に工芸に転向して鋳金家山本安曇に師事。
1928年、香取秀真の七日会に入会。
1931年、名古屋の釜師伊東和正に茶の湯釜製作の指導を受ける。
1933年、帝展にて特選を受賞。
63年「茶の湯釜」製造技術により国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定。
「あしや釜」「天明釜」などの古作・名品型をよく研究してその模作を制作。
また、そうした古作を現代風にアレンジして斬新なデザインを展開する。
特に製造 過程上困 難 とされていた「和銑釜(わずくかま)」の復元に成功させた技術は高く評価されている。
釜のほか鋳造作品として銅や銀を用いた花瓶や壺などにも秀作を残す。

大西浄長極箱
十三代 大西清右衛門(1866~1943)
大正7年箱書き
店主より一言 長野垤志の箱書きには 「二段の面取り肩で胴に膨らみを見せ乳足にしている。肩には菱のある桜花を透かしている。
鐶付の獅子咬みは山鹿、大江の二系に属しないもので元は欄干があったが今は取り去って眉風炉となっている。
製作年代は天正初頭の筑前作と考えられる。 昭和51年 垤志」
山中製の国内桐の一枚板を使用した上等な桐箱に収められております。
大西浄長の大正7年箱書きでは江戸大西家初代定林と極めております。
筑前芦屋は本芦屋と言われ芦屋の発祥の地です。とても良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ