唐銅 撫肩眉風炉 象鼻鐶付 芦屋(伊予) 慶長後期

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥688,000 税込

商品コード: c-2220
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 芦屋(伊予) 慶長後期 長野烈(極め)
大西浄林 大西浄長(極め)
寸法 口径:6寸8分 胴径:9寸3分 高さ:5寸9分
耳から耳までの幅:30.2
付属品 箱 極め二通
店主より一言 象鼻の鐶付が付いた唐銅の風炉です。象の日本への来日は1408年・1574年・1597年・1602年とありどこかで見た釜師が鐶付にデザインしたと思われます。
五徳据えでのご使用が宜しいかと思います。
大西家の極めは大西浄林と極めておりますが近年の調査の結果長野烈氏は伊予芦屋と極めております。
お流儀によりどちらの極めをご使用になられてもよろしいかと思います。
時代の割にはとても良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ