木瓜釣(もっこつる) 初代寒雉徳翁作 高橋因幡箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥238,000 税込

商品コード: c-2127
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 初代 宮崎寒雉
名は義一、通称彦九郎、号徳翁。能登国(石川県)中居村の出身で、大西浄清の門に入り、後に仙叟の推挙により、加賀前田藩の御用窯師となって金沢に住んだ。
代々寒雉を名のって、現在に至っている。
作風は薄作で、砂肌が多く、蓋は焼抜で薄い。
この人の弟子に横川九左衛門・木越三右衛門がある。
正徳二年(一七一二)没、八十歳。
寸法 最大幅:21.5 持ち手の横幅:19.7
最大縦幅:19.3
付属品 書付箱
箱書: 釜師 高橋因幡 天保十五年春
店主より一言 細い木瓜型の弦で先は椎実型です。弦の一部分に銀象嵌が入っております。
比較的良い状態で十分にご使用できます。

すべての商品はこちら

ページトップへ