肩衝釜 松地紋 元禄時代 大西定林(作) 浄長極箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥388,000 税込

商品コード: c-1790
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 大西定林 江戸中期の釜師。
通称は五郎左衛門,名は延貞。江戸大西家の祖。
京都大西家の2代目五郎左衛門村長(浄清の子。寛永年中(1624~44),古田織部に従い父と共に江戸に下向し,定林は江戸に留まり,江戸大西家を興した。
寸法 口径:11.2 胴径:20.3(耳含まず)
高さ:20.2(金具含まず)
付属品 大西浄長箱 昭和11年 手紙
店主より一言 鉄蓋付の松地紋で鐶付は竹節です。     昭和11年の大西浄長の手紙には底入替15円、箱代7円、極料5円となっております。 和鉄の釜は使用さえ良ければ数百年ご使用できお湯に嫌な味が移らなく美味しく頂けます。

すべての商品はこちら

ページトップへ