三十六歌仙歌合帖 江戸前期

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 580,000 税込

商品番号: s-1525

数量
筆者 照高院道晃法親王・鷹司房輔・妙法院尭恕法親王・近衛基熈・一乗院直敬法親王・中院通茂・大炊御門経光・三宝院高賢大僧正・白川雅喬・徳大寺實経・万里小路雅房・青蓮院尊證法親王・久我通規・清閑寺熈房・烏丸光雄・不明・鷹司兼熈・難波宗量・三宝院高賢・七條相隆・松木宗條・持明院基時・藤谷為條・高辻豊長・花山院定誠・中園季定・勸修寺寛俊・千種有維・随心院俊海・日野資茂・甘露寺方長・愛宕通福・平松時量・今城定淳・聖護院道寛・一條冬経
寸法 幅:縦20.5㎝ 横17.7㎝
厚さ:6㎝
付属品
店主より一言 江戸前期の公卿が揮毫した三十六歌仙歌合一帖です。
三十六人歌合は柿本人麿から中務まで、三十六人の歌仙を選び、二人ずつの歌人を組にして、和歌を配して優劣を競っております。
金砂子が蒔かれた上に小色紙が貼られております。料紙は色々な染め紙に色々な文様のキラを押して製作されております。
見開きと見返しは金泥で美しい風景が描かれております。
茶会での書院飾りとしても宜しいですね。とても良い状態です。