嵯峨有職文庫 「子(ね)の日」 原在正(画)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥480,000 税込

商品コード: x-1040
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 原在正(はらざいせい)
江戸後期の大和絵画家 原在中の長男 文化7年没
字は子栄・子信 号は致道
寸法 最大幅:縦21 横:17
高さ:6.5cm
付属品 共箱
店主より一言 乾漆の胎に胡粉を塗り金箔で装飾を施し「子の日」の絵を原在正が描いております。宮中や公家の間で使用された文庫です。御所人形と同じです。

「子の日」 平安時代、正月初子(はつね)の日に、野に出て小松を引き抜き、若葉を摘んで遊び、宴を設けた行事。小松引き 宮中行事の一つです。

茶会の時の書院などの床飾りにも宜しいかと思います。

すべての商品はこちら

ページトップへ