小田海僊 王逸自画賛

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: s-1710
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 小田 海僊
(おだ かいせん、天明5年(1785年) - 文久2年(1862年))
江戸時代後期の日本の南画家。通称は良平、名は羸(るい)または瀛(えい)。字を巨海、号は海僊または百谷。
22歳のとき、京都四条派の松村呉春に入門し、同門の松村景文や岡本豊彦らと名声を競ったが、やがて頼山陽に感化され南画に転向。九州に遊学し、中国元明時代の古書画の模写をするなどして研究を重ねて、独自の画風を確立した。文政7年(1824年)、萩藩の御用絵師となり、一時江戸に滞在。2年後、京都に戻り活動。嘉永元年(1848年)から安政元年(1854年)にかけて画室を設けているが、このころ富岡鉄斎に絵を教えたと推定されている。

清楚な画風に特徴があり、山水画・花鳥画・人物画を得意とした。高野山や京都御所の障壁画(1855年)などの大事業を手掛けている。
寸法 本紙(絹本):横38.5cm 縦101cm
総丈:横50.8cm 縦193cm
付属品 桐箱
商品説明 小田海僊の王逸(後漢の官僚・文人。)の自画賛です。
唐子を二人描き上部に賛を入れております。
表具は一文字と中回しは上等な金襴で上下は牡丹唐草緞子、軸先は牙の上等な表具です。

すべての商品はこちら

ページトップへ