所載品 彫刻家 古賀忠雄(作) 「鶏舎の朝」 ブロンズ製 古賀晟鑑定書付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥298,000 税込

商品コード: x-1230
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 古賀忠雄
こが ただお
1903-1979 昭和時代の彫刻家。
明治36年2月3日生まれ。
昭和4年帝展に初入選。
14年新文展で「岬の男」が特選,18年新文展の「建つ大東亜」で芸術院賞。
戦後は42年芸術院会員となり,日展理事,日本陶彫会会長などをつとめる。
古賀忠雄彫刻の森が郷里佐賀市にある。
昭和54年6月10日死去。76歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。
寸法 本体の高さ:43.5cm 幅:横12.5cm
縦32cm 重量 8㎏

台座:縦17.2cm 横36cm 高さ:5cm 重量 9.4㎏
全体の高さ:49cm
付属品 古賀晟、鑑定書付 図録、彫刻家
古賀忠雄の知らぜらる世界、大理石台
商品説明 古賀忠雄独自の確かな造形力で見事に表現された作品です。
写実的な技量の高さが際立つ一品です。
古賀晟氏の鑑定書が付いております。
下部に「忠」とサインが鋳出されております。
本体、大理石台共良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ