萩 灰被り水指 十四代 坂倉新兵衛(作) 共蓋 誂え蓋付 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥168,000 税込

商品コード: a8307
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十四代 坂倉新兵衛
(大正6年ー昭和50年)
山口県長門市出身 師、12代坂倉新兵衛
日本工芸会正会員
県無形文化財、勲五等双光旭日章、山口県知事文化選奨 中日文化賞、山口県芸術文化振興奨励賞ほか
12代新兵衛の子として生まれる。
萩商業学校を卒業後は一時神戸に就職していたが兄が戦死した為に家業を継ぐべく帰郷。 1946年に家督を継いで60年に14代新兵衛を襲名。
(13代坂倉新r>以来、現代陶芸展、日本伝統工芸展、西日本工芸展などに出品、受賞を重ねるほか大阪・京 都高島屋などにて個展を開催。
伝統の萩焼茶陶に現代感覚を程よく加味した作域で茶碗・水指・茶入などに秀作を残 し多くの茶人に好まれている。
寸法 口径:9cm 最大径:16.8cm
共蓋ツマミまでの高さ:17.7cm
替え蓋ツマミまでの高さ:18.3cm
付属品 共箱 共蓋 誂え蓋
商品説明 萩焼の灰被り水指です。焼成の時に鞘に入れないで火床に置くことで薪の灰を被らせて色々な景色が付いております。
上等な誂え蓋が付き箱も書付箱に納められており底に新兵衛の丸印が捺されキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ