彫漆雪割草茶器 棗 音丸耕堂(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥880,000 税込

商品コード: c-3437
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 音丸耕堂
(おとまる こうどう、1898年(明治31)~1997年(平成9))
香川県出身。本名は芳雄。

小学校を卒業すると地元讃岐漆彫りの工人石井磐堂に学ぶ。
幕末彫漆家の玉楮象谷の作品に魅せられ以降は独学にて漆芸の技術を修得していく。
1937年に上京し42年には第5回文展にて特選、戦後は49年に日展特選受賞となる。
1955年、漆芸に革新を起こしたとして人間国宝に認定。
以降は日本工芸会に所属し日本伝統工芸展などで活躍、同会常任理事、参与 なども務めた。

当初は唐物(中国)の溜塗りの技法を用いた作品を制作していたが、上京後は明るい色彩を用いた作品となり、さらに52年頃から平行に何本も線を彫り、縞模様を作成、その模様によって斬新なデザインを創造するといった独自の作風を確立した。
寸法 胴径:7.2cm 口径:6.3cm 高さ:7.2cm
付属品 共箱 仕覆(花唐草緞子)
商品説明 甲の部分の雪割草の花芯の部分を彫りベージュ、赤、茶、濃茶、黒でそれぞれ5~6層を重ねて彫り上げております。
花芯の周りには極小のパールが置かれております。
側面はベージュと黒で数多くの層が確認できます。
作者銘は畳付立ち上がりベージュの部分に耕堂と彫銘は刻まれております。
堆漆は漆を塗り乾かし研いでまた漆を塗り乾かし研ぐを繰り返して層を形成していきそのあと彫って文様を付ける技法です。 キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ