金城一国斎 竹重菓子器 三代(春月)と四代(紫明)の合作 四代共箱 七代識箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 358,000 税込

商品番号: c-3193

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. その他
  1. 木工芸
数量
作者 三代一国斎
明治に入り、内国勧業博覧会などに出品 受賞し、漆芸技法として高盛絵を確立

四代一国斎
大正 昭和に、茶道俳句など風流人として高盛絵に色を添えた
寸法 幅:縦7.5cm 横9cm 高さ:14cm
付属品 四代共箱 七代識箱
商品説明 明治から大正にかけて胡麻竹で製作した三段のの小さな菓子器です。
側面には盛り上げで青竹が蒔絵され蓋には蜂二匹が蒔絵されております。
底に金銘で金城一国斎と書かれております。
蓋裏の箱書きは四代(紫明)で「竹重菓子器 右は先代一国斎春月翁と合作の品なり」
箱裏には七代の極め書きがございます。
所々修理がございますが良い状態です。