狩野伊川院 耕作図 絹本対幅特上表具

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 488,000 税込

商品番号: s-1543

数量
作者 狩野伊川院
江戸後期の画家。養川院惟信の子。名は栄信、号は玄賞斎。
絵を父に学び、その父に「吾及ばず」と言わしめた。近世狩野派の名手。
水墨に金泥を施す技法に特色を発揮する。また茶道を能くし松平不昧の恩顧を受ける。
文化13年法印に叙せられ伊川院と称した。
文政11年(1828)54才没。
寸法 本紙(絹本):横34.3cm 縦91.5cm
総丈:横46.8cm 縦187cm
付属品 桐箱
商品説明 絹本に春秋の図が描かれた対幅です。
春は田植え秋は稲刈りと紅葉が美しく描かれており人物、馬共に生き生きと描かれております。
表具は一文字、花唐草金襴 中回し、丸文金襴 上下、花唐草緞子 軸先象牙のとても上等な裂地を使用した時代の表具です。