七代 白井半七(作) 隅田川焼 都鳥透し入り蓋置 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: c-2674
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 七代 白井半七・楽半
(1857~1933)の時、関東大震災(1923)があり、今戸焼の窯は崩壊。
表千家十一代碌々斎宗匠に引き立てられ、兵庫県伊丹市に移窯。
寸法 口径:6 高さ:7
付属品 共箱
店主より一言 七代 白井半七の関東大震災前(明治から大正)に今戸で製作した隅田川焼の蓋置です。
透かしが二か所入り表に「墨田川」裏の立ち上がりに「半七」と銘が入っております。
残存数が少なく貴重な蓋置です。

すべての商品はこちら

ページトップへ