十代 中川浄益(作) 南鐐(銀)霞槌目燗鍋一対(2個) 塗蓋付 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥538,000 税込

商品コード: a0038
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十代 中川浄益
1880-1940 明治-昭和時代前期の金工。
明治13年生まれ。
千家十職のひとつ。茶道具を製作し,近代の名工とされる。昭和15年5月17日死去。61歳。名は紹心,淳三郎。別号に鎚鋳軒。
寸法 口径:6.6 胴径:9.3
上蓋ツマミまでの高さ:8
持ち手までの高さ:12.8
付属品 共箱
店主より一言 胴部全面にかすみをイメージした横の槌目が打たれております。
底に十代浄益と彫銘が入っております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ