田村耕一(作) 青磁鷺絵壷 花瓶 共箱 未使用 人間国宝 和光取扱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥168,000 税込

商品コード: a8411
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 田村耕一1918-1987

大正7年 栃木県佐野市富岡町に生まれる。
昭和16年 東京美術学校工芸科図案部卒業。
昭和23年 赤見焼きの創業に参画する。
昭和24年 佐野市久保町に倒焔式の薪窯を築く。
昭和25年 濱田庄司の推薦を受け、益子の栃木県窯業指導所技官となる。
昭和28年 佐野市久保町に四袋の登り窯を築く。
昭和31年 第5回現代日本陶芸展で朝日新聞社賞ならびに松坂屋賞を受賞。
昭和32年 日本陶磁協会賞を受賞。
昭和35年 第7回 日本伝統工芸展で奨励賞を受賞。
昭和36年 第16回新匠会展で富本賞を受賞。文化財保護委員会買上。東京近代美術館買上。京都近 代美術館買上。
昭和42年 トルコのイスタンブール国際陶芸展でグランプリ金賞を受賞。
昭和45年 栃木県文化功労賞を受賞。
昭和50年 日本陶磁協会賞金賞を受賞。
昭和52年 東京芸術大学教授に就任する。
昭和58年 紫綬褒章を受賞。
昭和61年 重要無形文化財保持者(鉄絵陶器)に認定される。
東京芸術大学名誉教授に推される。
佐野市名誉市民となる。
昭和62年 1月3日、胆のう癌にて死去。
寸法 口径:13.3 胴径:16.2
高さ:27
付属品 共箱 しおり
店主より一言 青磁の壷に下部は紺碧で水を表し、鷺は朱と鉄釉薬で二羽描かれております。
銀座和光で取り扱われた作品です。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ