岩田藤七(作) 硝子大瓶 1955年 共箱 高:45cm

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥158,000 税込

商品コード: t-1238
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 岩田藤七
(いわた とうしち、1893年 - 1980年)
ガラス工芸家。日本橋生まれ。岩田久利は子。岩田糸子は久利の妻、イワタルリは孫。
1950年日展運営会参事、1954年常任理事、日本芸術院会員。1958年日展顧問、1966年日本工芸会理事、1969年毎日芸術賞受賞、1970年文化功労者。
寸法 高さ:45cm 口径:縦17cm 横17.8cm
胴径:10.5cm
付属品 共箱
店主より一言 昭和30年に製作された最大級の高さの作品です。黒と朱のストライプに金箔を散りばめた大花瓶です。
蓋表には花瓶の画が藤七により描かれております。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ