豆彩 瑞果文水指 二代 川瀬竹春(造) 田中仙翁箱書書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥358,000 税込

商品コード: c-2376
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 川瀬 竹春(二代)
(かわせ ちくしゅん(にだい)、1923年(大正12年)- 2007年(平成19年))本名順一。
京都より父初代川瀬竹春と共に神奈川県大磯三井城山窯に移住。
祥瑞染付、赤絵などを継承し、金襴手、豆彩、釉裏紅、染付、黄南京、青白磁、瑠璃金彩を独自の作品を発表した。
享年85(満84歳没)。
寸法 口径:16 胴径:17.5
高さ:17.5(上蓋ツマミ含む)
付属品 共箱
箱書 大日本茶道学会 田中仙翁会長
店主より一言 瑞果文(おめでたい果物の文様)葡萄・柘榴・枇杷・?四種を木瓜形の側面に美しく繊細に豆彩で描いた水指です。
さすがに名工、本歌から竹春風に技術が昇華した一品です。
殆ど使用して無い為にキス欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ