金綸寺型 宇治銘木 茶の樹棗 岩木裕軒(作) 淡々斎在判箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥238,000 税込

商品コード: c-2377
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 指物師 三代 岩木裕軒
明治四十三年生まれ。指物師初代岩木裕軒の三男として生まれる。
父、兄・二代佑軒に師事。淡々斎より秀斎の号を授けられる。
数多くの新作を考案し、好み物も多い。淡々斎好には幟鯉香合、鵬雲斎家元好に山雲棚などがある。裏千家出入方。
箱書 裏千家 十四代家元 淡々斎宗室
1893年(明治26)~1964年(昭和39)
寸法 上蓋の径:6.3 幅:縦5.8 横6.2
高さ:6.8
付属品 共箱
店主より一言 金綸寺型で宇治銘木の茶の樹を使用して岩木裕軒が製作した棗です。
茶の木の肌が綺麗ですね。
蓋と内側は溜塗で製作され蓋裏に淡々斎の在判がございます。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ