萩焼花入 十代 三輪休雪(作)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥188,000 税込

商品コード: c-2243
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十代 三輪休雪(休和)
(明治28年(1895)~昭和56年(1981) 86才没)
第十代三輪休雪。1970年に人間国宝に認定。
山口県萩市にて、江戸時代初期から萩藩の御用窯として代々萩焼を継承していた三輪窯の次男として生まれる。本名は邦廣。
1956年、山口県指定無形文化財保持者に認定。1959年には萩焼陶芸会会長に就任。
萩焼の特色である白釉に関して独特の技法を編み出し、「休雪白」とよばれるようになった。
1967年に紫綬褒章受章。1970年4月25日、重要無形文化財「萩焼」保持者に認定。 陶芸の中では比較的歴史の新しい萩焼を、瀬戸焼や備前焼等に代表される古窯と同等レベルにまで引き上げることに貢献した。1972年に萩市名誉市民となり、翌1973年、勲四等旭日小綬章を受賞した。
寸法 口径:6.5 幅:縦横約10.7
高さ:22.3
付属品 共箱 しおり 共布
店主より一言 胴の部分が四角で上下が丸い円錐状で製作され、文様はその胴部に草文がヘラで描かれております。
白薬もわざと掛残して変化を付けております。
昭和30年代後半から40年にかけての作品です。キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ