城山窯 赤絵花入 三井高棟(箱書)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 368,000 税込

商品番号: c-1976

関連カテゴリ

  1. 現代工芸
  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 花生
数量
作者 城山窯
神奈川県大磯の三井本家別邸内に造られた窯で京都の永楽善五郎を招き潜庵(陶器細工所)と登窯が築かれた。
箱書 三井高棟 (みつい たかみね、安政4年(1857年) - 昭和23年(1948年))
明治18年家督を相続し三井家第十代当主となり十五代八郎右衛門を襲名。三井家同族会議長を経て三井合名会社初代社長に就任。
寸法 口径:8.5cm  胴径:12.3
耳から耳までの幅:10.5cm
高さ:28cm
付属品 共箱
店主より一言 明時代末の呉須赤絵赤玉花入を手本として大磯城山窯で永楽即全により製作された花入れです。雅味があり良い作品です。
高台内に輪ジミはございますがキズ欠点無く漏れもございません。