膳所焼 肩衝茶入 淡海ぜぜ 陽炎園造 共箱 象牙蓋 仕覆(日野間道)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥33,000 税込

商品コード: c-4674
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 膳所焼 陽炎園
膳所焼(ぜぜやき)は、遠州七窯で近江国膳所(大津市膳所)付近の陶器で、まず瀬田焼の名で元和(1615~24)ごろに起こったといわれ、のちに膳所焼となりました
大正8年(1919)、遠州ゆかりの茶陶の名窯の廃絶を惜しんだ膳所の岩崎健三が、時の日本画壇の巨匠、山元春挙とともに膳所窯を復興し、その工房を陽炎園(かげろうえん)としました。
寸法 口径:3cm 胴径:5.8cm
高さ:8.5cm(上蓋ツマミ含む)
付属品 共箱 象牙蓋 仕覆(日野間道)
商品説明 胴紐の付いた肩衝の膳所焼の茶入れです。
二重掛けされた釉薬が絶妙のところで止まっております。
フォルムも端正です。
高台脇に「せせ」の印が捺されております。
未使用ですのでキズ等なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ