源氏絵一双 雛屏風 伝、土佐光孚(画) 江戸後期

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥680,000 税込

商品コード: s-1869
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 土佐光孚
(とさ みつざね/とさ みつたか、安永9年4月24日(1780年5月27日) - 嘉永5年4月5日(1852年5月23日))
日本の江戸時代後期の土佐派の絵師。土佐派別家の初代土佐光貞の長男。幼名は虎若丸、字は子正、号は鶴皐。正四位下。
寸法 横幅:104cm 縦47.3cm 厚さ:6.5cm
付属品
商品説明 伝、土佐光孚筆の極彩色で描かれた源氏絵の雛屏風一双です。
牛車で住吉詣での図と嵯峨離宮の図が描かれております。
時代の割には良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ