西岡小十(作) 朝鮮唐津窯変耳付花入 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥188,000 税込

商品コード: c-3866
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 西岡小十

1917 佐賀県唐津市に生まれる

1953 36歳 古唐津再現のため古窯跡の発掘を始める

1971 54歳 小山富士夫の指導のもとで割竹式登窯を開窯、「小次郎窯」と命名

1973 56歳 小山富士夫来窯

1975 58歳 「古唐津陶片展」姫路にて開催。

1976 59歳 荒川豊蔵来窯

1980 63歳 藤原 啓来窯

1981 64歳 絵斑唐津を焼成復元に成功
荒川豊蔵命名による「小十窯」開窯

1983 66歳 梅花皮(かいらぎ)唐津の復元成功

1989 72歳 古希記念「西岡小十作品集」出版発行

1993 76歳 東京、名古屋、大阪にて喜寿記念展開催

1999 82歳 石川県辰之口町に加賀唐津「辰之口窯」開窯

2002 85歳 日本橋三越にて「西岡小十と八人

(今藤長十郎・加藤淡斎・小杉小二郎・小松原まさし・橘宗義・西山松之助・細川護熙・薮内紹智)展」開催

2005 87歳 富山県氷見にて
米寿記念「西岡小十茶陶展」開催

2006 89歳 死去

寸法 口径:7.2cm 胴径:11.8cm
耳から耳までの幅:13.7cm
高さ:25.5cm
付属品 共箱 共布
商品説明 見事な窯変が出た西岡小十作の瀟洒な耳が付いた朝鮮唐津の花入れです。
造形、釉掛とも特質品です。
底に銘が描かれております。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ