信楽水指 五代 上田直方(作) 共箱 共蓋

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: c-3789
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 五代上田直方
1927年生まれ

4代直方の子として生まれ地元の学校を卒業後、
京都国立陶磁器試験場を経て昭和21より父の工房にて作陶を開始
朝日陶芸展、日本伝統工芸展などに入選を重ね日本工芸会正会員に就任、また度々父4代との父子展なども開催

昭和51年 前年の父の死去に伴い5代上田直方を襲名
 襲名記念展を関西の百貨店を中心に巡回
 現在は子息(次期直方)上田光春氏と共に
 個展中心に活躍

平成3年 滋賀県重要無形文化財に認定

平成7年 滋賀県文化賞を受賞


父の薫陶からの作風を継承しつつも独自にビードロ釉を研究
父よりもさらに斬新な作粋を示し現代信楽茶陶の第一人者として評価は高い
寸法 口径:16.8cm (内径:12.5cm)
胴径:20.5cm 耳から耳までの幅:19.5cm
高さ:19.5cm
付属品 共箱 共蓋
商品説明 室町時代から桃山時代の雰囲気を伝えるのオーソドックスな信楽の水指です。
釉薬は登り窯の自然降灰による穏やかな景色で、力強さが感じられる造形美です。
底に陶印が捺されております。
どのような取り合わせでも違和感なく組めます。
殆ど使用して無くキズ欠点なく良い状態です。
箱は家元書付用の一枚板の上等な桐箱です。

すべての商品はこちら

ページトップへ