朝日焼 鹿背茶碗 十四代 松林豊斎(造) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥78,000 税込

商品コード: y1111
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十四代 松林豊斎(猶香庵)
大正10年ー平成16年

1943(昭和18)年、国立陶磁器試験場を退職
1946(昭和21)年、朝日焼14代を襲名
1971(昭和46)年、無煙登窯を築窯
1975(昭和50)年、無煙登窯に穴窯を併設
三笠宮妃殿下、三笠宮容子内親王殿下に火入式で御来窯御台臨を賜り「玄窯」と御命名、「豊斎」印を拝領。
1995(平成7)年に京都・大徳寺本山で得度し、大徳寺派管長・福富雪底老師より「猶香庵」の号を授かる
寸法 径:13㎝ 高さ:8.5㎝
付属品 共箱 共布
商品説明 鹿背(かせ)がほんわかと出た朝日焼の茶碗です。
外側は下部はヘラで太い文様が付き上部は轆轤目が出ております。
高台は僅かな撥高台で高台内に「朝日」の印が捺されております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ