古象牙茶杓 銘「芦葉」 筒書 建仁寺四代管長 竹田黙雷 建仁寺六代管長 中村泰祐(夾山)箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥158,000 税込

商品コード: c-3658
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
筒書 竹田 黙雷
(たけだ もくらい、1854年7月27日(嘉永7年7月3日) - 1930年(昭和5年)11月15日)
明治から昭和の初頭を代表する臨済宗の禅僧。
俗姓は竹田、法諱は宗淵、道号は黙雷、室号は左辺亭。
壱岐国(長崎県壱岐島)に生まれる。
臨済宗建仁寺派管長(1892年 - 1930年)
箱書 臨済宗建仁寺派六代管長
中村泰祐(1886-1954)(夾山)泰祐 大哉庵 (417世)
寸法 茶杓:全長:16cm 重量37g
共筒:全長:21.2cm
付属品 筒、筒袋 茶杓袋 箱
商品説明 正に銘に相応しい古い象牙の茶杓です。
丸く細身の茶杓で下部に節があります。
竹田黙雷老師が芦葉に見立てて命名し筒書をして中村泰祐老師が箱書を認めております。
芦葉からは達磨大師の「芦葉の達磨」が連想できます。
まさに禅僧に相応しい銘です。
筒の書付は「銘 芦葉 東山左辺 花押」
蓋裏は「筒 左辺老師 芦葉ノ在銘 東山 大哉 花押」
古い象牙の茶杓ですがキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ