香の図蒔絵香合 梨地塗 三代 前端春斎 共箱 「須磨」と「明石」 香道

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥58,000 税込

商品コード: y0983
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 三代 前端春斎

昭和39年 前端雅峯の長男として生まれる(前端家八代目)
昭和57年 植松包美門下の保谷美成(日本作家文展特選)に入門
昭和60年 相国寺管長止々庵老大師が命名された「春斎」の号を三代目として継承
平成元年 指定文化財「財団法人無限庵」の理事に就任
平成4年  高円宮殿下の御前にて蒔絵技法を実演
殿下に「琳派鹿に紅葉蒔絵硯箱」を献上(於財団法人無限庵)
平成11年 伝統工芸士の称号を授かる(通産大臣認定)
平成13年 日本橋三越本店にて個展
寸法 径:8㎝ 高さ:1.7㎝
付属品 共箱
商品説明 豪華な梨地に上下に銀覆輪を回し甲に源氏香二種「須磨」と「明石」を蒔絵した香合です。
内側も梨地で畳付だけが真塗です。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ