古瀬戸 大海茶入 金華山手 小堀遠州金文字箱 篷露書付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥780,000 税込
商品コード: c-3517
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 瀬戸金華山手
古瀬戸茶入れのうち瀬戸の陶工加藤景国(三代藤四郎)の作をさしていう称。美濃の金華山の土を用いたための称とも,窯変による美しい金色の釉薬に由来する称ともいわれる。中古物。金華山焼。
寸法 口径:6cm 胴径:10.8cm
高さ:6.8cm
付属品 仕服3(和織金襴モール・明代錦・苺色地段織モール)
牙蓋 箱3 風呂敷 小堀遠州金文字箱 小堀篷露書付箱
商品説明 堂々とした大きさの古瀬戸金華山手の大海茶入です。
釉薬は裾近くまで掛かり金色の釉薬が美しく出ております。
土は鉄分が多く焼き締まりずしっと重量感がございます。
箱書は茶入は桐の塗箱に「瀬戸・大海・金華山」と金で文字が掛かれ遠州の字形と言われております。
仕服は3点とも時代の裂地で箱には墨で小堀篷露により「金華山・大海・袋」と書かれております。
外箱は桑材で製作されております。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ