七代 加藤幸兵衛(造) 瀬戸黒茶碗 二重箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥128,000 税込

商品コード: c-3505
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 七代 加藤幸兵衛
1945年 岐阜県に生まれる。本名は裕英(やすひで)。
祖父は五代加藤幸兵衛、父は人間国宝の加藤卓男(かとうたくお)。
京都市立美術大学工芸科を卒業。在学中、近藤悠三(こんどうゆうぞう)、清水六兵衞(きよみずろくべい)に師事。
1968年 朝日陶芸展で受賞。
1969年 日展で特選北斗賞受賞。
1975年 朝日陶芸展で受賞。
1981年 日展で特選北斗賞受賞。
1995年 日本新工芸展で文部大臣賞受賞。七代加藤幸兵衛を襲名。
寸法 口径:10.5cm 最大径:10.9cm 高さ:7.5cm
付属品 共箱 塗箱(二重箱)
御物袋 側立4  しおり
商品説明 口は荒々しい五岳で側面がきりりと立ち、大胆なヘラ跡が施されております。
高台は約束通り低く、高台脇にサインが彫られており上等な書付箱に納められております。
手取りが良く幾分小さめで軽くできておりますので女性でも取り扱いが楽です。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ