夜寒焼茶碗 銘「あらし山」 堀内宗完(兼中斎)箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: c-3376
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 夜寒焼
辻鉦二郎が明治12年頃に名古屋の夜寒の里に(今の金山地区)窯をひらいて茶器などを焼く。
大正9年73歳没
寸法 高さ:8.4cm 口径:12cm
付属品 堀内宗完(兼中斎)箱書
十二代 兼中斎
堀内宗完(宗心)宗匠
1919年-2015年
商品説明 桜の表側と裏側、二輪描いた茶碗で桜の周りを鉄釉薬で彩っており雅味があります。
銘は桜の名所、嵐山です。
高台内に夜寒の銘が描かれております。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ