交趾 黄鹿香合 永楽即全(作) 共箱 鵬雲斎書付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥138,000 税込

商品コード: c-3343
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十六代 永楽善五郎(即全)
1917年(大正6)~1998年(平成10)、京都市生。
昭和9年、千家十職 永楽家の十六代善五郎を襲名。神奈川県大磯に城山窯を築窯し、京都と往復し作陶。
京都伝統陶芸協会初代会長。
千家十職による千松会や十備会に出品、茶陶界において精力的に活動。
寸法 径:6cm 高さ:5cm
付属品 共箱
箱書 裏千家十五代家元
鵬雲斎宗室(玄室大宗匠)
商品説明 形物香合の一種で本家は明時代末期~清時代初期(17世紀)に製作された品で鹿の姿が掘り出され黄釉が覆っている。
甲盛りの平丸形で、甲にうずくまった鹿が浮彫され、霊芝波などを配しております。
使用した形跡なくキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ