朝日呉器茶碗 玄窯初窯作品 十四代 松林豊斎(猶香庵) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥88,000 税込
商品コード: c-3267
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十四代 松林豊斎
(大正10年ー平成16年)
猶香庵
朝日焼窯元に生まれ、父13代松林光斎のもとで修業を積む。
国立陶磁器試験場にて楠部彌弌に師事。
昭和21年(1946)朝日焼14代を継承。松林豊斎を名乗る。
寸法 径:13.2cm 高さ:8.5cm
付属品 共箱 共布 しおり2
商品説明 朝鮮御本茶碗の呉器形のフォルムです。
1975年の玄窯初窯の際の茶碗で、縁起が良いとされる左馬の印がるのが特徴です。
ほんのりとした上品な御本(鹿背)が出て、外側に轆轤目を見せ、高台は高く撥状(撥高台)になっております。
高台内に「朝日」高台脇に「左馬印」が押されております。
上等な書付箱に収められ未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ