小堀遠州好 鶴蓋置 前田家伝来写 長谷川一望斎(造) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥88,000 税込
商品コード: k-1147
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 二代 長谷川一望斎
名古屋の金物師の職家。
初代の青龍斎(長谷川 克明)は、尾張徳川家に抱え工として仕えた。
その次男の一望斎春江(長谷川 春江)が一望斎 初代。
2代一望斎春泉。当代は3代一望斎春洸。竹次郎。
寸法 径:6.5cm 高さ:3.8cm
付属品 共箱 共布
商品説明 小堀遠州から加賀前田家に贈った鶴丸の蓋置を名古屋の名工、二代長谷川一望斎が製作した品です。
上面の裏に一望斎の丸印が捺されております。
キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ