林文塘 「凌雪」 絹本縦幅 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

商品番号: a0866

作者 林文塘
日本画家。京都生。名は光三郎。
前川文嶺・山元春挙に学び、山水画を得意とする。
文展入選後、井口華秋・池田桂仙らと反帝展の自由な制作をめざして日本自由画壇を結成した。中国に数回遊ぶ。
昭和41年(1966)、84才没。
寸法 本紙(絹本):横32cm 縦121cm
総丈:横45.8cm 縦208cm
付属品 共箱
商品説明 雪が老木に降り積もっているさまが絹本彩色で見事に描かれております。
木に止まっている鷹に存在感がございます。
表具は一文字、花唐草金襴 中回し、花唐草銀欄 軸先象牙で雪に合わせた上等な表具でシミ折れなく良い状態です。