九代 大樋長左衛門(作) 飴釉茶碗 銘「山里」 即中斎箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥348,000 税込

商品コード: c-2807
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 九代 大樋長左衛門
(1901~1986)

金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。
中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。
十五世裏千家鵬雲斎宗室より陶土斎の号を受ける。
昭和61年(1986)、84才。
寸法 口径:11.5cm 胴径:12.2cm 高さ:8cm
付属品 共箱 共布
箱書 表千家十三代家元 即中斎宗匠
明治34年ー昭和54年
店主より一言 九代 大樋長左衛門作の「長左衛門」印の飴釉茶碗です。
大振りで口、胴、高台脇のへら使いが見事で特に側面のへら跡を木々に見立てての銘と思われます。
程良い重さで手取りが良く掌(たなごころ)になじむ茶碗です。
殆ど使用してなくキズ欠点無く良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ