ベルリンKPM 陶板額 「プロイセン王妃 ルイーゼ」 19世紀末

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥550,000 税込

商品コード: s-1520
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 ベルリンKPM
寸法 陶板:横19.3cm 縦32cm
(額から見たサイズ)
額:横40.5cm 縦53cm 厚さ:7.5cm
付属品 布タトウ 黄袋
店主より一言 モチーフはプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王妃ルイーゼ(1776年~1810年)です。
戦争に敗北したプロイセンをナポレオンから守るために、ナポレオンと交渉をした人物です。
プロイセンを存続させた人物としてドイツでは英雄として扱われ、国民に愛された女性です。
この陶板の原画はGustav Richterにより1879年に描かれたもので題名は『Kornigin Luise von Preussen』(プロイセンの王妃ルイーゼ)です。
画面左下にはペインターのサイン、裏面の窓枠からはKPMの刻印が見られます。
額の上部に一部破損が見られますが、陶板自体のコンディションは良好です。

すべての商品はこちら

ページトップへ