益田鈍翁好 手焙 桃山御殿釘隠し意 大野鈍阿(造) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥128,000 税込

商品コード: c-2623
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 大野鈍阿
(おおの どんあ、(明治18年)- (昭和26年))
1909年に上京して品川で焜炉や行平といった生活雑器を焼いていたが、13年に茶人・数寄者益田鈍翁に見出される。
以来、鈍翁所持の名品に私淑して陶磁器を焼成。
また、鈍翁から「鈍」の一字を受けて「鈍阿」と号して御殿山で作陶。
その後、1917年に上目黒、34年等々力に窯を移転。

鈍翁所持の名品を手本としている為、鈍阿の作品の幅は広く、素焼、楽焼、萩、唐津、三島など諸窯の写しにその技量を発揮した。
寸法 幅:縦18.5 横30 高さ:12.5
口径:縦10.5 横24.5
付属品 共箱 鈍翁しおり 益田太郎礼状
店主より一言 大変珍しい鈍翁の孫の信子の昭和2年の結婚式の内祝い品です。
この作品の本歌は桃山時代の七宝釘隠しを火屋に使った手焙りで、光悦が製作し 益田鈍翁が旧蔵していたものを大野鈍阿氏に製作させた内の一つで上目黒の本焼窯の作品です。
夏は蚊やりに使用できると紙に書いております。
大きな香炉としてもご使用できます。落としを入れ花器としても面白いですね。
未使用でキズ欠点無く良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ