瀬戸椿手茶入 銘「春日山」 小堀蓬露 政安公箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥488,000 税込

商品コード: c-2440
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
時代 桃山から江戸初期
寸法 口径:4cm 胴径:8cm
高さ:6.5cm
付属品 箱、仕服(花唐草金襴)
象牙蓋

箱書 小堀蓬露
幕末・明治の茶人。遠州流8世宗中の次男、九世政和の弟。政備の養子。
初め隼人と名のる。号は篷露。
茶道に優れ、遠州三男権十郎にちなみ「後の権十郎」と呼ばれた。
明治9年(1876)61才没
店主より一言 瀬戸椿手の茶入れです。桃山から江戸初期の作で釉薬が所々飛んで景色となっております。
高台は輪糸切となっております。
銘は 茶入れの形が春日山(三笠山)ににているところからの命名と思われます。
仕服は椿手だからでしょうか椿のような花唐草金襴です。

古筆了信の極めが蓋裏に貼られております。
口に小さなホツ1箇所と2ほどのニュウがございますが概ね良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ