金重陶陽(作) 備前 杵花入 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥338,000 税込

商品コード: c-2379
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 金重 陶陽
(かねしげ とうよう、1896年(明治29) ~ 1967年(昭和42))
岡山県出身の陶芸家。備前焼の陶工として初めて人間国宝
「備前焼中興の祖」と称される。
自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れない
寸法 口径:8.3cm 胴径:5.2cm
高さ:25.8cm
付属品 共箱
店主より一言 備前では比較的薄作で轆轤目を見せ所々石ハゼが出て、上部には少し胡麻が掛り下部には抜けが少し出て周りは桟切(さんぎり)で色々と景色が楽しめる花入れです。畳付からすぐ上の部分にへらを一周廻してあり全体を引き締めております。
シンプルなフォルムですので花を引き立たせます。
キズ欠点なく良い状態です。陶印は「陶」です。

すべての商品はこちら

ページトップへ