楽山焼 伊羅保刷毛目茶碗 十一代 長岡空権(作)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥158,000 税込

商品コード: c-2223
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十一代 長岡空権

昭和4年 松江市生
昭和22年、家業に従事、祖父・九代空味、父十代空処に師事。
昭和46年、十一代住右衛門、すみうえもん
襲名。号・空権

楽山焼は島根県松江、松平家2代藩主 綱隆公の要請で、1677年 に萩焼
陶工:倉崎権兵衛が築窯。4代まで続くが廃窯し、その後、7代藩主:松平不昧が長岡住右衛門貞政に再興させ、現在に至る。
寸法 口径:14 高さ:7.5
付属品 共箱
店主より一言 刷毛目が内と外に勢いよく描かれております。
長石を咬んだ土に炎による変化が加わりまた口にはべべらが出て雅味ある茶碗です。
書付用の良い桐箱に入っております。キズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ