岡部嶺男(作) 織部平鉢 ドラ鉢

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥328,000 税込

商品コード: c-2186
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 岡部嶺男
(おかべ みねお、1920年( 大正9 )~ 1990年( 平成2 ))
瀬戸出身。加藤唐九郎の長男。

1954年、日展北斗賞受賞。
1956年、日展を脱退。
1957年、日本伝芸工芸展に出品し会員となるが、後に同会も退会。

「永仁の壺事件」後、妻方の岡部に改姓。
どの陶芸・工芸団体にも所属せずに孤独に一人、作陶を続けた。
そのため、賞などは、あまり受賞していないが、昨今その作品を見直され、個展等が開催、人気を博す。 弟に、加藤重高がいる。
瀬戸・織部焼。
寸法 口径:21.3 最大径:22.8
高さ:4.3
付属品 桐箱
店主より一言 薄作でシャープな造形の織部の平鉢で軽く出来ております。
共箱はございませんが新橋時代の黒田陶苑さんでお求めになられた作品です。
菓子器、懐石の鉢等にご使用できます。

すべての商品はこちら

ページトップへ