梅竹の絵 鉢 虎渓山 水月窯 荒川豊蔵(絵)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前に銀座店にお電話お問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥298,000 税込

商品コード: c-2183
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 荒川豊蔵 (1894~1985)
荒川 豊藏は、昭和を代表する美濃焼の陶芸家。岐阜県多治見市出身。
桃山時代の志野に陶芸の原点を求め、古志野の筍絵陶片を発見した牟田洞古窯跡のある大萱に桃山時代の古窯を模した半地上式穴窯を築き、古志野の再現を目指して作陶を重ねた。
寸法 径:19cm 高さ:10cm
付属品 共箱
店主より一言 水月窯で製作された素地に荒川豊蔵が絵付けした鉢です。
外側には竹が描かれ「南窓清風」内側には白梅が描かれ「梅梢含香」と書かれております。
懐石等多用途にご使用できる鉢です。未使用でとても良い状態です。
虎渓山水月窯(すいげつがま)は、国重要無形文化財(人間国宝)荒川豊蔵氏(1894 ?1985)が、昭和21 年に多治見市虎渓山町に開いた窯で、開窯から現在に至るまで、荒川豊蔵氏と豊蔵氏の二人のご子息が中心になり、全工程を手作りで行う伝統的窯業生産です。

すべての商品はこちら

ページトップへ