炉縁 大徳寺梶井門古材作 村瀬治兵衛(作)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 188,000 税込

商品番号: c-2096

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 炉縁
数量
作者 二代 村瀬治兵衛
昭和2年(1927)名古屋生まれ。
県立工業学校図案科を卒業して家業に従事し、根来塗・独楽塗を得意とし、現在の治兵衛の作風を確立した。
昭和51年(1976)2代治兵衛を襲名。
日々庵鈴木宗保氏、立花大亀老師の薫陶を受ける。

書付:鈴木宗保(日々庵) 1882-1980
裏千家、今日庵名誉師範 茶道具の目利きに優れた才を持つ
圓能斎、淡々斎、鵬雲斎に付く
寸法 幅;縦横42.5 高さ:6.7
付属品 共箱 前大徳昭道書付
店主より一言 侘びた古材の炉縁です。割れ止めの千切りが二か所入っております。
梶井門は(開けずの門)、天台座主在京時の梶井御所(現在の大原三千院)の門で、御所は応仁・文明の乱(1467-1477)以前は大徳寺南にあった。