買取取扱品目 工芸作家

買取ご依頼用電話 03-3411-4990

伊東陶山

伊東陶山(いとう とうざん、初代1846 ( 弘化3 )~ 1920 ( 大正9 ))
京都の三条粟田口の伊東善輔の長男として生まれる。
本名は重次郎のち幸兵衛門、号は陶翁、陶山。

12歳の頃に円山派の画家小泉東岳に画を学ぶ。
東岳が生計を立てるために画業と平行して行っていた茶碗の絵付けや土瓶造りも手伝い陶業転向。
その後、五条坂の陶工亀屋旭亭に弟子入りして本格的な陶器製作を開始する。
また、三代高橋道八、村田亀水、幹山伝七、帯山与兵衛、一文字屋忠兵衛(服部暁山)、
岩倉山吉兵衛など窯屋を歴訪して研究に努める。

1867年、祇園白川に「陶山」を開業、茶器、酒器をはじめ創作性の高い作品を制作。
明治に入ると洋食器や装飾品の制作も取り入れて積極的に海外貿易にも着手する。
1973年、宇治の朝日焼復興を松林長兵衛より嘱されて従業。
1984年、粟田陶器組合設立に際しては副組長に就任。
1896年、京都陶磁器商工業組合設立時には創立会員となり、後に取締役、組合頭取に就任するなど
京焼内部の統一に貢献。 そのほか遊陶園や京都府陶磁器試験場の設立にも寄与して
意匠や技術の改良、陶工に対しての指導や後進の育成にも尽力を示す。
1899年、緑綬褒章を受章。
1909年に店舗と工場を三条白川に移し、国内外に「陶山焼」の名を示して益々の隆盛を極めている。
1912年、久邇宮邦彦王より多年にわたる功績と制作技術を称えられて「陶翁」の号を拝受。
同時に「金印」「銀印」下賜の栄にあずかり、1917年、帝室技芸員を任命。
1919年、近江膳所焼復興に従業。
1920年に洛東山科鏡山に新窯を築くも初窯開始3日後に没。

墨画濃淡焼付法を発明、同時に藍染付技法を会得するなどそれまであった粟田焼の作風を覆し
新たな可能性を見出した功績は大きく明治以後の粟田焼を代表する陶家として現在でも国内はもとより
海外でも高い評価を受ける。
現在は3代目。

陶印は「陶山」 「陶翁」 「陶山監製」など。

買取取扱品目

日本画家 ・洋画・版画家 ・工芸作家  ・彫刻家 ・書画・掛け軸・古筆 
茶道具 ・アンティーク・西洋物  ・骨董品


FAX買取フォーム   オンライン査定フォームへ   ご相談フォーム

電話でのお問い合わせ先 銀座店 03-5524-3324
代沢店 03-3411-4990


店主写真
店主 佐々木 一

当店でも伊東陶山の買取、委託販売等をいたしております。

古美術ささきでは長年の実績と確かな専門知識で、数多くの品々を取り扱って、現在に至っております。特にお客様との信頼関係を大切にいたしております。

美術品、古美術品、茶道具、掛軸、屏風、絵画、工芸品、陶磁器、古道具、蔵整理の買取をお受け致します。

売却整理のご検討は是非お任せ下さいませ。

商品カテゴリ検索
商品名検索

古美術ささき

銀座店
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-14-7
吉澤ビル1F
電話:03-5524-3324
FAX:03-5524-3314
営業時間:11時~18時
北沢本店
〒155-0031 東京都
世田谷区北沢3-2-11
レガーロ東北沢1階
電話:03-3411-4990
FAX:03-3411-4991
営業時間:11時~19時

許可証番号
東京都公安委員会
第1276号

ページ先頭へ